2017年1月23日 更新

コープさっぽろの「トドック電力」北海道の新電力です

2016年4月に電力小売全面自由化がなされ、以来数多くの新電力が誕生しました。そんななかのひとつ、北海道全域で展開しているコープさっぽろが提供を開始した新電力ブランド「トドック電力」はご存知でしょうか?

136 view お気に入り 0

コープさっぽろ

コープさっぽろ (17988)

母体は札幌に拠点を置く生活協同組合(生協)です。その歴史は古く、過去に様々な実績を残しています。
たとえば、成分無調整牛乳を日本で最初に商品化したのはこの札幌生協なのです。
成分無調整牛乳開発

1970年(昭和45年) 全道の生協32店舗で一斉発売。初日6万本を売り切る驚異的なスタートを切りました。
この牛乳は当時180ccビンで宅配、乳脂肪分3.0%調整乳が主流だった時代に生まれたとても画期的な独自の商品でした。
今では「当たり前の牛乳」は、ここから始まりました!

コープのでんき トドック電力

コープさっぽろの電気|トドック電力|北海道の新しい電力会社 (17994)

株式会社トドック電力とは、冒頭で少しご紹介した通り「コープさっぽろ」から誕生した新規電力小売事業者で、設立は2015年と比較的新しい電力会社です。
電力の提供エリアは離島を除く北海道全域で、コープさっぽろの組合員対象として電力提供を開始しています。

親会社は株式会社エネコープというコープさっぽろのエネルギー事業部門の子会社で、エネコープはトドック電力へもスタンダードプランで電力の供給を行っています。

2種類のお得なプラン

トドック電力では大きく分けて2種類のプランが用意されています。
まずはより電気料金がお得になる「ベーシックプラン」。こちらの電源は火力発電がメインになります。料金としては従来電力より3~5%ほど割安になる計算になっています。
もうひとつは再生可能エネルギーでの発電を利用する「FIT電気プラン」があります。こちらはベーシックプランより少し値上がりしますが、それでも従来電力料金と比較して約1%割安になります。
 札幌を中心に道内全域で展開する、コープさっぽろの電力ブランドです。火力発電所からの調達をメインする「ベーシックプラン」(料金が安い)と、水力やバイオマス発電所などの再生可能エネルギーを60%使用した「FIT電気プラン」の2種類が用意されています。
特にFIT電気プランについては、エコプランとしては現在北海道エリアに存在する電力のなかでもっともお得な料金設定となっています。
 エコな電気が使いたいという道内の家庭ならコレ!とイチオシできるプランになっています。

灯油定期配達サービスとのセット割でさらにお得

灯油定期配達サービスとのセット契約にすることで、元々お得な電気料金がさらにお得になります。しかしベーシックプラン+灯油配達セット割を単純な電気料金のみで他社電力との比較をするなら、実はもっと安いところがあったりします。
 元々灯油定期配達を利用している家庭であるなら総額としてお得になるのは間違いありません。この場合なら安さを追求する場合でも選択肢になってきますね。
電気料金プランで灯油セット割メニューをご紹介いたしましたが、コープさっぽろの灯油定期配達を契約している組合員の方には電力量料金が各段階で2%ずつ割引になります。

冬季に灯油を利用する方は、一緒に契約するとお得です。
トドック電力のメニュー・特徴|北海道の新しい電力会社 (18033)

22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

テムリン テムリン