2016年12月27日 更新

知っておきたい電力自由化の常識~新電力【PPS】って?~

電力自由化が始まって、2017年で1年となりますね。 まだまだ浸透しきっていない感じのする電力自由化でよく使われる、「PPS」とは何でしょうか? 「PPS」についての紹介や、PPSの仕組みなどについて調べました。

123 view お気に入り 0

電力自由化まで

当初は電力規模2000kW以上の「特別高圧電力」を使用する大規模工場などの需要家を対象に、次いで50kWkW以上の「高圧電力」の需要家、つまり、中小工場やホテル、病院、大型スーパーなどを対象に自由化が実施されました。

これらのいわゆる大口需要家は、東京電力や関西電力などの地域電力会社以外からも、自由に電力を買うことができるのです。新電力という名称は、地域電力会社と区別するするためにつけられた名称で、正式には、特定規模電気事業者(PPS)と呼ばれます。
電力小売全面自由化|資源エネルギー庁 (16616)

2016年4月1日からは電力の小売全面自由化が実施され、 新電力会社は「小売電気事業者」の登録があれば、一般家庭や商店などの50kw未満の契約でも契約できるようになっています。 また、既存の大手電力会社は、2016年4月1日に自動的に小売電気事業者として登録されました。 つまり、現在は契約電力の大きさにかかわらず、自由に電力契約を取り交わす事ができるのです。
(経済産業省は2012年3月初旬にPPSという名称はわかりにくいという事で、PPSという名称を「新電力」に名称変更する事を発表しました)
電力自由化は、最近始まったことではなく、段階的に進んできていました。
高圧の電力を使用する会社や商業施設などに、電力自由化は始まっていたんですね。
そして2016年より、電力の小売り完全自由化となり、一般のご家庭でも自由に電力会社を選ぶことが出来るようになりました。
東京に住んでいれば東京電力としか契約できなかったのが、他の電力会社とも契約できるようになっています。
この他の電力会社をPPSと呼びますね。

電力販売の流れ

新電力 - 日経テクノロジーオンライン (16619)

従来は以下の経路で需要家に電力が供給されてきました。
「既存電力会社の発電所による電力」 → 「既存電力会社が保有する送電線網」 → 「需要家」

一方、PPSの場合は以下のようになります。
「PPSが提供する電力」 → 「既存電力会社が保有する送電線網」 → 「需要家」

つまり、電力の源は異なるものの、送電については既存の大手電力会社の送電設備を活用することになります。

なお、何らかの事情でPPSが電力を供給できなくなった場合でも心配はありません。PPSと既存電力会社は送電委託契約を結んでおり、PPSによる電力供給が途絶えても、その地域の既存電力会社が電力供給をバックアップ(代行)できる仕組みになっています。
PPSはどうやって各家庭に電気を届けているのか疑問ですね。
電線の数が増えたわけではありません。
既存の電線をPPSは借りて電力を送っているんですね。
東京電力などの既存電力会社は、この電線の使用料金をPPSから徴収しています。
これを託送料金といいます。
PPSは電力を作るのが仕事という見方も出来ます。

PPSの電力

わかりやすい!電力自由化|電気料金比較 - 価格.com (16617)

PPSは太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーで電力をまかなう会社も多く、大手電力会社と比べて、供給量は少ないことがほとんどです。
自前の発電施設だけでは電力供給が安定しないため、状況に応じて一般電気事業者から電気を購入することもあります。
PPSは様々な形で電力を作っています。
最近有名なのは再生可能エネルギーです。太陽光や風力などの電気は自然にも優しく、原発のような問題もないために注目されています。

主なPPS

新電力事業者(PPS)|電力ドットコム (16618)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

役立つ!《知っておきたい電力自由化の用語まとめ》

役立つ!《知っておきたい電力自由化の用語まとめ》

電力自由化が始まりましたが、色々な用語が飛び交い中々理解しづらいですね。 電力自由化の意味を知るためにも用語は覚えたいところですね。 そこで、電力自由化に関する用語をまとめてみました。 知っておくと便利な用語ですので、覚えて電力自由化に詳しくなりましょう。
soudatteitte00 | 236 view
【初心者向け】電力自由化の基本と仕組み~注意点も~

【初心者向け】電力自由化の基本と仕組み~注意点も~

電力自由化がはじまりましたが、実際に電力会社を変更した人は4%程度と少なく、その仕組みを難しく感じている人も多いようです。せっかく節約できるなら、電力会社の変更をぜひ検討してみたいですよね。電力自由化の基本を分かりやすくまとめてみました。
セロリ | 354 view
電力自由化の基本と仕組み、デメリットとは?徹底分析!

電力自由化の基本と仕組み、デメリットとは?徹底分析!

電力自由化とは何でしょうか? そして、それによって得られる効果とは何でしょう。ここでは、電力自由化の基本、仕組みから、デメリット、選び方まで、ご説明します。ぜひ、皆さんの「電力の未来」にお役立ててください。
ohmy | 214 view
最終段階は2018年から2020年まで!電力自由化の全体的な仕組みを見てみよう!

最終段階は2018年から2020年まで!電力自由化の全体的な仕組みを見てみよう!

電力自由化が始まったことは分かっているけど、なんのために電力自由化は始まったの?決定の理由は? 気になるけど今さら聞けない電力自由化の仕組みや決定した背景などをご紹介します♪
ミミ | 2,227 view
新電力を発電方法で選ぶのはアリ!?電力自由化に伴うの発電の仕組み

新電力を発電方法で選ぶのはアリ!?電力自由化に伴うの発電の仕組み

電力自由化が始まって新電力も多く参入してきました。今までの大手電力会社とは違い様々な発電方法を売りにしている新電力もあります。ここではデメリットも含めて「火力発電」「水力発電」「バイオマス発電」「地熱発電」の発電の仕組みを解説します。
a1wd96flitr3 | 282 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shouji shouji