2016年9月13日 更新

自宅で【太陽光発電】売電と買電を別々の会社にしたい!

太陽光発電を設置しているご家庭の中で、売電と買電を別々の会社と契約したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実際にそういったことは出来るのでしょうか? 売電と買電について、そして売電先を買えることのメリットとは何かについて紹介します。

3,382 view お気に入り 0

売電と買電

発電した電力はご家庭や職場で普通の電気と同じように電灯や電気製品に使用することができます。

太陽が昇っている昼間は使用する電力量よりも発電量の方が上回り、使い切れずに電気が余ってしまうことが多くなりますが、この余った電力は東京電力などの電力会社に売ることができます(余剰電力買取制度と言います)。
売電と買電 / 太陽光発電はメーカー正規代理店の東日本メディコム (11109)

売電と買電 / 太陽光発電はメーカー正規代理店の東日本メディコム (11110)

売電とは電気を売ること、買電とは電気を買うことです。
そのままですが、太陽光発電を行う住宅の場合この両方が発生します。
上記の表にあるように、太陽光発電で全てが補えるわけではなく、売電部分と買電に分かれるのですね。

売電と買電の契約会社の変更

Q1. 太陽光発電を設置しているのですが、買電先の電力会社を変更できますか?
A1. 変更できます。
買電先だけを変更することもできますし、買電先だけでなく売電先も変更することもできます。買電先と売電先は別の電力会社にすることもできます。(ただし、現状では住宅の余剰電力を買い取る電力会社は少ない実態です。⇒ Q10)

Q2. 買電について、太陽光発電があることが電力会社の切り換えに障害になったりすることはありませんか?
A2. 技術的な問題や制度上の制約はありません。
売電先も買電先も変更することが出来ます。
電力自由化で、今まで売電をしていた地域の電力会社から、新電力会社に変えても問題がないと言うことです。
さらには売電先も変えられます。

売電先を買えるメリット

地域の電力会社から、より高く買ってくれる事業者へ売電先を切り替えることを、プレミアム価格での売電といいます。
太陽光発電には発電設備に高額な先行投資をしているわけですから、投資の回収を早めるという意味で余剰電力の売電収入を増やすことは誰もが期待することでしょう。売電先の変更を行うことで、この売電収入を増やすことができます。
売電先を切り替えるとプレミア価格で買い取って貰えることがあります。
これは今までよりも+1円であったりする価格です。
メリットは、売電収入が上がるという点です。

メンテナンスサービス

 (11197)

固定買取価格にプレミアムを加算するのではなく、発電設備の無料メンテナンスのサービスを提供する新電力会社も有ります。

太陽光設備のメンテナンス(定期点検)の相場は2万円前後です。4年に1回のペースで行うのが一般的なので、メンテナンスが無料になるのなら、プレミアム価格よりもお得になる場合が有るかもしれませんね。
メンテナンスサービスを無料で行ってくれるという売電先の電力会社もあります。
メンテナンスは太陽光発電を設置している家庭では必須ですので、検討したいサービスです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【電力自由化】買電+売電を賢く利用して節約♪【メリット】

【電力自由化】買電+売電を賢く利用して節約♪【メリット】

電力自由化のメリットを最大限に活かすなら、買電と売電を賢く利用することが必要です。では、どのようにすればいいのでしょうか?その鍵となるのは太陽光発電などの自家発電です。安いときに買電し、新電力会社に売電すれば、確実に節約ができます。
ハセ | 750 view
【電力自由化×売電】太陽光発電を高く買い取る新電力まとめ

【電力自由化×売電】太陽光発電を高く買い取る新電力まとめ

電力自由化が始まって家庭の電気をどこで買うか選べるようになりました。最近では、一戸建て住宅の屋根に太陽光パネルが設置されている家が増えてきていますね。太陽光発電で得た電力を新電力に売電することも電力自由化で可能になりました。どの新電力が高く買い取ってくれるのかまとめてみました。
auxaru | 693 view
【太陽光売電】電力自由化でどこに電気を売りますか?

【太陽光売電】電力自由化でどこに電気を売りますか?

電力自由化で、電気の買い方と売り方が大きく変わります。太陽光発電を取り入れている家庭は光熱費節約のチャンスです。焦って契約する前に、電力自由化の仕組みを理解しておきましょう。
かぼす | 2,095 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shouji shouji