2017年1月19日 更新

電気料金の値下げと電力自由化との意外な関係とは?

電力自由化にともない、電気料金を下げるプランは、既存の大手電力会社によって実施されています。これは、新電力との、価格や利用者確保の競争だけが理由ではありません。「電気を買う」という私達の意識を促進し、より良い電力の未来へのサービスなのです。詳しくご説明します。

203 view お気に入り 0

電気料金の見直し

電力自由化にともない、既存の大手電力会社10社も、お得なプランなど、電気料金の値下げを行っています。
現在のご契約プランより、さらにトクになる3つのプランと時間帯でおトクが変わるプランと便利なサービスをご用意いたしました。
 (17965)

今まで、一般家庭など低圧電力(50kW以下)の供給は、地域ごとに契約できる電力会社が決められていました。

しかし、2016年4月から電力自由化が一般家庭向けにも始まり、新電力(電気小売り事業者)から電力の供給を受けられるようになりました。それに伴い、既存の大手電力会社も、地域内での継続プランの値下げ、そして地域を超えた電力供給による低価格サービスを提供しています。
東京電力への変更でも、
簡単3ステップのWebお申込みで完結!
このように、大手電力会社から大手電力会社の変更は、比較的楽に行えます。

料金プラン、電力会社の選択

電気料金の設定、生活形態に合わせたサービスは、各社により多少の差があります。
主に①少人数家庭(300kWh以内) ②普通使用家庭(300kWh~600kWh) ③大家族など使用量の多い家庭(600kWh~)に分けられます。まず、そこから料金プランや契約会社を決めていきます。
電気料金メニューについてご説明します
また、「夜に使用する型」「オール電化(調理から給湯まで全ての熱源が電気)型」など、
電力使用条件に合わせた料金プランを選択できます。
あなたのくらしを支える料金プラン
例えば、1~2年間の契約で、少人数なら2,000円、大家族なら2,0000~2,5000円のおトクとなります。
そこで、見直したいのが、私達の電気生活について。
それが、料金に密接に関係してくるのも、電力自由化の特性の一つなのです。

電気生活の見直し

 (17973)

新電力(小売電気事業者)との契約を見てみましょう。
例えばミツウロコでんきの場合。大家族であっても、1ヶ月の使用料金を少しでも抑えることによって、電気料金も安くなる可能性があります。
生活を見直したほうがよい点として、「人数×必要使用量」により、
電力会社、新電力小売事業者との契約の選択を効果的に行えることが挙げられます。

それについて、詳しくご説明していきます。

消費電力量の基本からチェック

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【実は簡単!】電力自由化はスイッチングで電力会社を変更できる。

【実は簡単!】電力自由化はスイッチングで電力会社を変更できる。

電力自由化が始まり、電力会社を変更しようと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、手間がかかりそうだなとか、面倒なことがあるのではないかと、行動に移せない方も多いようです。しかし、電力会社の契約変更は簡単にできるんです。そのポイントは【スイッチング】と【スマートメーター】です。
coten | 271 view
【ソフトバンク】【au】電力自由化でいろんな会社で新しい料金プラン登場。

【ソフトバンク】【au】電力自由化でいろんな会社で新しい料金プラン登場。

2016年4月から個人宅でも電力の自由化が始まりました。新規参入の会社も多く、たくさんのプランが出ています。その中で自分にピッタリのプランを探すことで電気代が安くなるのです。でも、実は今使用している会社でも電気代が安くなる可能があるんです。
coten | 189 view
【電力自由化の仕組みを知ると見えてくる】広がる可能性とサービスの向上。

【電力自由化の仕組みを知ると見えてくる】広がる可能性とサービスの向上。

電力自由化についてみなさんどのくらいご存知でしょう。電気代が安くなる可能性があることくらい、という方も多いのではないでしょうか。電力自由化の仕組みを知ると料金以外にも顧客にメリットがある制度だということがわかるのです。
coten | 159 view
知っていると得をする!分譲マンションでも電力自由化の恩恵を受けることが出来る?

知っていると得をする!分譲マンションでも電力自由化の恩恵を受けることが出来る?

2016年個人でも電力会社を自由に契約できるようになりました。しかし、マンションでも電力自由化になったのかはあまり知られていないようです。マンションでも個人で電力会社を変更することはできるのでしょうか。
coten | 448 view
【2016年最新情報】電力自由化で一般家庭の電気代がグーンと下がる!?

【2016年最新情報】電力自由化で一般家庭の電気代がグーンと下がる!?

2016年、一般家庭でも電力会社が選べるようになります。そのため、最適な会社・プランに変更すると電気代が安くなるというメリットがあります。でもこれってメリットだけなんでしょうか。
coten | 168 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ohmy ohmy